低資金でも開業できる時代|夢を叶える手引き

背広の人

情報管理が効率化します

POSレジスタシステムは、販売商品の総合的な情報を一括して収集しながら管理できるシステムです。商品の在庫管理を効率的に行えることが特徴です。また、管理情報を分析して販売動向を把握できると、経営改善等に役立てることができます。

売上金を上納する

背広の人

軌道に乗るまでの辛抱

会社やお店を開業したくても、多くの人は資金が足りずに諦めてしまうものです。ところが、最近は資金提供をしてくれる会社が増えてきています。もしくは、低資金でも開業できるようにアドバイスしてくれる会社もあるので、まずは、協力してくれる会社を探してみましょう。その仕組みはいろいろありますが、その一つに、売上金を上納するという方法が挙げられます。これなら、資金提供をした会社が損をすることはありません。一方、開業した側としては軌道に乗るまでが大変ですが、とりあえず開業はできます。どうしても開業したいのなら、このような方法を取ってみるのもいいかもしれません。それから、あまり理想を高く持たないようにすることも大切です。最初から大規模な会社やお店にするのではなく、低資金でも運営できるような小規模開業にしましょう。そして、徐々に売上によって大きくしていくのです。実際に、このようにして低資金で開業している飲食店も多くなっています。街中に出て参考にしてみましょう。一桁の坪しかないような立地でも、商売を始めることは可能だということが分かるはずです。実際に低資金で開業し、次第に繁盛しているお店はたくさんあります。最初からお金をかけなくても大繁盛となれば、それに越したことはありません。そのためにも、経営ノウハウなども学んでみましょう。実際に成功している企業やお店などに相談してみるのもいいかもしれません。例えば、資本金300万円という低資金でチェーン飲食店にすることもできるのです。

成功はパートナー選びから

男の人

インドネシアは会社設立までの手続きが複雑であり、コンサルティングのサポートが欠かせません。手続き開始から営業開始までが半年といわれ、円滑に進めることで調査や分析の時間が充実します。人材関連は日本と異なるルールが多いため、十分な配慮と知識による管理が必要です。雇用・人事計画もサポートが受けられます。

開業するための支援制度

男性

独立開業するためにはさまざまなノウハウが必要ですが、それらのノウハウをサポートしてくれるのが開業支援を行ってくれる業者です。また大阪の場合には大阪府や大阪市が支援制度を設けており、それらを利用することでも有利に開業することができます。