低資金でも開業できる時代|夢を叶える手引き

メンズとレディ

情報管理が効率化します

レジスター

販売動向の分析に便利です

POSとはPoint Of Saleの略称で、直訳すると販売時点の情報管理という意味を持ちます。レジスタシステムにPOSを組み込むことで、商品販売の際に数量や価格、日時や利用者の性別等の情報を一括して収集することを実現しています。日本国内では、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、レストラン等の外食産業で広く採用されているシステムです。その理由として、チェーン展開をする事例の多い業種において、全国各地で営業している多数の店舗状況を効率的に把握できることが挙げられます。POSレジスタシステムの具体的な特徴の一つは、販売商品の売上状況を単品単位で集計できることです。そのため、集計結果を把握することで、簡単に在庫管理を行うことができます。つまり、好調な売上商品を迅速に手配しながら不要な在庫を早急に処分することで、在庫の無駄を大幅に削減することができます。数多くの商品をPOSレジスタシステムへ登録するために、JANコードと呼ばれる共通商品コードが利用されています。販売商品に付いている値札のバーコードをスキャナで読み込むと、店舗に応じた商品情報を簡単に記録できます。また、その結果は共有サーバに保存されることで、本部が即座に情報共有します。本美は情報管理を行う一方で、情報分析を行うことが一般的です。分析結果に基づく販売動向が把握できれば、各店舗にフィードバックして商品展開等を一層効果的に改善することに繋がります。