低資金でも開業できる時代|夢を叶える手引き

メンズとレディ

成功はパートナー選びから

男の人

国で異なる法律や規則

海外進出先として注目されているインドネシアは、営業開始までの手続きが複雑であり、コンサルティングのサポートが欠かせないといわれています。しかし、インドネシアは成功のチャンスも大きいため、手間やコストをかける価値があるのです。会社設立の場合、まず最初の壁となるのが登記といった手続きで、自社や個人のみで進めるのは困難でしょう。円滑に作業を進めたとしても、インドネシアにおける完了の目安は、手続き開始から半年後といわれています。何らかの事情で中断した際は、その分だけ遅れが生じますので、1年後あるいはさらなる遅延を覚悟しなければなりません。一方でコンサルティングのサポートがある場合、手続きと並行して調査や分析の時間が捻出でき、競争力を蓄えた万全のスタートが実現することでしょう。人材の手配がポイントとなる海外進出ですが、日本流の規則で進めることは不可能に近いといえます。例えば、労働基準法はインドネシア独自のルールで存在し、内容によってはお金で解決できないケースも考えられるのです。状況によってはストライキといった事態が発生し、イメージ悪化は業績を一変させる可能性もあるでしょう。インドネシアにおけるコンサルティングの魅力は、現地のルールや傾向を熟知している点にもあり、トラブル回避の重要な役割を担っています。コンサルティングのサポートは雇用計画や人事計画にまで及び、まさに良きパートナーとして、事業を陰で支えてくれる存在です。